スタッフブログ

2019-02-02
開運の神のご利益にあずかる初午祭   

IMG_9158 - コピー

いつも丸善衣裳のブログをご覧頂きありがとうございます。

 

本日2月2日は、多くの神社で「初午祭」が執り行われたと思います。

皆さん、「初午祭」はご存知でしょうか?

「初午祭」は「はつうままつり」又は、「はつうまさい」と読みます。

初午の日は、2月に入って干支の午(馬)にあたる最初の日に行われます。

伏見稲荷大社の創建の日をお祝いするお祭りとして始まりました。お稲荷様を祀るお祭りでしたが、今ではお稲荷様以外の神様を祀る神社や寺院でも行われるお祭りになりました。

「初午祭」は五穀豊穣の神・商売繁盛の神・家内安全の神・開運の神として、全国で最も祀る神社が多い宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)をお参りする祭りです。

初午の日はとても縁起の良い日とされています。

一、古来日本では方角は干支で表現しており、午の方角は「南」

太陽が通る大事な方角とされる

二、古来時刻も干支で表現しており、午の刻は11時から13時

太陽が南中する時間に近く縁起の良い時間とされる

三、馬は農耕にとても重要であった事から神聖視されていた

この事から「午」はとても縁起が良いとされています。

「午」の日に神社へお参りする事は、とてもご利益にあずかれるものだとして、日本では平安時代には既に初午の日が稲荷神社へお参りする日であったり、お祭りに日になっています。

本日、下鴨神社さんでも13時から初午祭が執り行われました。

▼下鴨神社西駐車場入口

IMG_9154

▼初午祭準備中

IMG_9161

丸善衣裳も神事に参加させて頂きましたので、ご利益にあずかったと思います。

 

丸善衣裳

お問合せ・ご予約

075-461-4581

営業時間 10:00~19:00

定休日 火曜日