花嫁衣裳

柄名: 手織 吉祥文様慶長熨斗
品番: 030801600

江戸時代、慶長年間は従来の古典的な伝統美を、より近代的な装飾性へと展開させた時代であるとされていた当時、創作されたすばらしい意匠を、現代風に構成し、唐織で再現した逸品。古来より、熨斗は贈答品につける飾り物の形を模様化したものであり、両家の結びつきを深めるという意が込められていて、その熨斗を主題に、様々な吉祥文様を彩り豊かに描き上げました。咲き誇る紅梅・白梅が愛らしさを、鮮やかな紅の地が一層の豪華さを醸し出している重厚感あふれる西陣織の打掛

おすすめ衣装