新着情報

NEWS

大人花嫁にそっと教えたい、和婚に似合う綿帽子の素材と模様

記事 大人花嫁にそっと教えたい、和婚に似合う綿帽子の素材と模様のアイキャッチ画像

和婚の人気がどんどん高まってきてますね!ホテルやゲストハウスで見るウェディングドレスの花嫁姿ももちろん素敵ですけど、白無垢に綿帽子という古式ゆかしい花嫁のスタイルは、やっぱり日本の結婚式ならではの凛とした美しさがあって、本当に素敵ですよね。

白無垢には素材や柄や刺繍によっていろいろなバリエーションがあって、実はすごく奥が深いのですが、それはまた別の機会に書くとして、今日は和婚のもう一つの主役『綿帽子』についてのお話です。

ちょっぴりマニアックですけど、大人花嫁なら身に付ける衣裳や小物の意味や由来もちゃんと押さえておきたいですよね。では、綿帽子の世界をのぞいてみましょう!

綿帽子の意味

キリスト教式で新婦が頭につけるウェディングベールは、邪悪なものから新婦を守るためのものとされていますよね。日本の伝統衣裳である綿帽子にも、実は特別な役割があるんです。綿帽子には、結婚の禊が済むまで、花嫁は新郎以外の人に顔を見られないようにする、という意味が込められているんです。とっても控えめで奥ゆかしい美意識ですよね!

綿帽子の素材

現在では、綿帽子の素材やデザインにもいろんなバリエーションがあるんです。綿帽子の生地の素材は大きく分けると、『縮緬(ちりめん)』『羽二重(はぶたえ)』『オーガンジー』という3つの種類があります。

縮緬(ちりめん)の綿帽子

縮緬(ちりめん)の綿帽子をつけた花嫁

縮緬(ちりめん)は、生地の表面に「しぼ」と呼ばれる整然と並んだ小さな凹凸があり、横からの光を受けると立体感が際立つ素材です。綿帽子はその丸みを帯びた形が美しさのポイントなので、縮緬(ちりめん)はピッタリの素材と言えます。綿帽子の素材としてはもっとも多く使われているのではないでしょうか。

羽二重(はぶたえ)の綿帽子

羽二重(はぶたえ)の綿帽子をつけた花嫁

羽二重(はぶたえ)は生地に光沢感があって柔らかいので、お顔まわりを包む印象がとっても優しい雰囲気になるのが特徴です。繊細で控えめな柄の白無垢と組み合わせることで、白無垢の美しさを引き出してくれる綿帽子です。縮緬(ちりめん)よりも扱いは難しいのですが、実物を手にとって見ると、その独特の質感に魅せられる花嫁も多く、『絶対に羽二重の綿帽子で!』と指名されることもよくあります。なかなか写真で質感が伝わらないので、もし白無垢の試着をされる機会があれば、ぜひ『羽二重(はぶたえ)の綿帽子』をリクエストしてみてくださいね。

オーガンジーの綿帽子

ドレスの素材としてよく使われるオーガンジーの綿帽子もあります。以前はレア物扱いでしたけど、最近ではよく目にするようになりました。主に洋髪との組み合わせで使うことが多いですが、その透明感や透け感は、縮緬(ちりめん)や羽二重(はぶたえ)といった伝統的な素材にはない特徴です。オーガンジーの綿帽子なら、表面にコサージュをONといったアレンジも楽しいですよね。オーガンジーはとっても繊細な生地なので、小さくて軽いコサージュを組み合わせるのがポイントですよ!

刺繍入りの綿帽子

素材のバリエーションに加えて、刺繍で柄の入った綿帽子もあります。白一色かと思いきや、よーく見ると実は柄が入っている、というのがお洒落ですよね!

鶴の刺繍が入った綿帽子

鶴の刺繍入の綿帽子
綿帽子の柄として比較的ポピュラーなのが鶴。はばたく鶴の姿が入った綿帽子はとっても優雅ですよね。

双葉葵の刺繍が入った綿帽子

双葉葵の刺繍入りの綿帽子
世界文化遺産 下鴨神社の御神紋『双葉葵』の刺繍が入った綿帽子。同じく双葉葵の刺繍が入った白無垢と組み合わせると、特別感いっぱいですよね!和婚を選ぶ大人花嫁におすすめの白無垢コーディネートです。

ライン入りの綿帽子

赤いライン入の綿帽子をつけた花嫁
エッジにラインが入っている綿帽子は、くっきりしたコントラストが特徴です。やや弱い印象になりがちな白無垢も、ライン入りの綿帽子を選ぶことで凛とした印象をプラスできます。華美ではないけれど、厳かな結婚式によく似合う、というお洒落上級者のチョイスですね!

裏地付きの綿帽子

赤い裏地付きの綿帽子
色のある裏地付きの綿帽子も、列席者に鮮烈な印象を与えます。特に赤色は神社の朱色とも馴染みがいいですね。さらに、裾や襟に赤いラインの入った白無垢と組み合わせたりしてもインパクト大です!自分だけのオリジナリティを出したい大人花嫁のこだわりチョイスにいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?ひとくちに綿帽子と言っても、実はいろんなバリエーションがあり、深みがあるんですね!素材や柄やラインや裏地の個性を頭に入れて、白無垢との組み合わせを楽しんでみてください!和装の試着が楽しくなること間違いなしです!記事の中でもご紹介した下鴨神社の御神紋『双葉葵』入りの白無垢は、公式専属指定衣裳店だけで着用できるものなので、ご興味のある方はぜひ丸善衣裳へお問い合わせください。

カテゴリー