新着情報

NEWS

下鴨神社 糺の森の光の祭「自然が自然のままアートになる」

記事 下鴨神社 糺の森の光の祭「自然が自然のままアートになる」のアイキャッチ画像

いつも丸善衣裳のブログをご覧下さり有難うございます。

下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab – TOKIO インカラミ

このようなイベントを毎年行っているのは、ご存知でしょうか?

世界遺産である下鴨神社 糺の森。

糺の森をアート空間に変えた「呼応する森と自立しつつも呼応する生命 – 下鴨神社 糺の森 」と「浮遊する、呼応する球体 – 下鴨神社」などを展示し、その森の参道と下鴨神社の楼門内の空間が、人々の存在によって変化する光のアート空間に変わります。とても幻想的な空間で「自然が自然のままアートになる」をコンセプトに、今回で3回目の実施となります。

糺の森の中を流れる泉川沿いを多様な肖像群が歩き続ける。

楼門の中の空間に漂う光の球体は、強く輝いたり消えたりし、ゆっくり呼吸をしているかのように思います。この光の球体は、人が衝撃を与えると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。その周りの球体も呼応し、同じ色に変化し音色を響かせていく。そして次々に周りの球体も連続的に呼応して行く。

また球体の近くの木の光も、同じように呼応する。楼門を超えて参道の木々の光も呼応し、色を変え、音色を響かせる。

御手洗池の水面に立つ、光の物体は、それぞれ自立していて、ゆっくりと呼吸するかのように明滅している。風に吹かれて倒れかけたり、人に押され倒れかけたりすると、光の色を変化させ、音色を響かせる。

この幻想的な空間で押し寄せてくる光によって沢山の人々の存在を意識するのではないでしょうか?

 

丸善衣裳

お問合せ・ご予約

075-461-4581

営業時間 10:00~19:00

定休日 火曜日

 

チームラボは、非物質的であるデジタルアートによって「自然が自然のままアートになる」という「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っています。

カテゴリー